クライアント ID の別名化

概要

 
Authlete の「クライアント ID 別名 (Client ID Alias)」機能を利用することにより、各クライアントは別のクライアント ID を持つことができます。既存の認可システムからの引継ぎ等を行う場合にご利用ください。

詳細


Authlete に新しいクライアントを登録する場合、通常は Authlete がクライアント ID の値(ランダムな数値)を生成し、割り当てます。

この自動生成された値の他に、「クライアント ID 別名」機能を有効にすることで、別のクライアント ID を割り当てることができるようになります。

このクライアント ID の別名は、認可リクエストやトークンリクエストの client_id リクエストパラメーターの値として使用可能です。 また、トークンリクエストの Authorization ヘッダーに埋め込むクライアント ID として使用することもできます。

利用シーン


この機能は、すでに既存の認可サーバーがあり、そこで用いているクライアントIDをそのまま使いつつ、サービスを移行したい際などに役立ちます。

利用方法


この設定を有効にするためには、サービス、クライアントの双方で『有効』を選択する必要があります。サ―ビス側またはクライアント側のどちらか一方でもこの設定項目が無効になっている場合、クライアント ID の別名は認識されないので注意してください。
How did we do with this article?