カスタムスコープの言語別説明文の登録

概要


カスタムスコープの説明文を言語別に設定したい場合、Authlete の API を呼び出すことにより可能となります。

実行例


標準スコープ群については、日本語の説明文が、descriptions の中に次のようなかたちで含まれています。

    {
                                "name": "openid",
                                "defaultEntry": false,
                                "description": "A permission to request an OpenID Provider to issue an ID Token. See OpenID Connect Core 1.0, 3.1.2.1. for details.",
                                "descriptions": [
                                  {
                                    "tag": "en",
                                    "value": "A permission to request an OpenID Provider to issue an ID Token. See OpenID Connect Core 1.0, 3.1.2.1. for details." 
                                  },
                                  {
                                    "tag": "ja",
                                    "value": "OpenID プロバイダーに ID トークンの発行を要求するための権限です。詳細は OpenID Connect Core 1.0, 3.1.2.1. を参照してください。" 
                                  }
                                ]
                              },

カスタムスコープについては、/service/update API を直接利用し、descriptions を更新することで、言語別説明文を Authlete に登録することができます。

注意事項


API を用いて設定したカスタムスコープの descriptions は、GUI を用いてサービス情報を更新すると消去されます。
How did we do with this article?